ブラジル・ポルトガル語文法 実況中継

『ナラ・レオン 美しき
ボサノヴァのミューズの真実 』
(P‐Vine BOOKs)

『ボサノヴァの真実
その知られざるエピソード』

Coffee & Music
-Drip for Smile-

Img_85e2af4c697bf510d7cfa923367d327e
祝『ボサノヴァ真実』!
Img_5cc43c24e840ed7f460888e9a4dbe993
リハーサルの皆さん。
Img_d31c10a10d3435f227276c667b232e10
著者インタビュー中。
いやー、すっかり暖かくなって、
桜も開花宣言しちゃった週末でした。

そして翌18日月曜日はブラジル大使館へ!
そーう!
先日お知らせした『ボサノヴァの真実』の
出版記念イベントです。

鳥のオイラは客席からお祝いしますよ、と
何度か著者のウィリーさんに伝えたのですが、
せっかくだから前に行きなさい、とのことで、
お言葉に甘えて前方から参加。
なので、ちょっと早目に行っていました。
みなさん、リハーサルに忙しいご様子で、
鳥のオイラはウロウロ。

さてさて、開場になったらすごい人!
追加の席まで用意されました。
いろんな方々とお話が出来て楽しかったです。

ウィリーどんが本の紹介をしたあと、
鳥のオイラも一言。
今回、本ではカタカナ表記の校正をしたのですが、
ポルトガル語のカタカナ表記については
これといった基準のようなものが無く、
例えば、音楽関係の翻訳と、文学では傾向も異なります。
その辺について触れさせてもらいました。

そのあと、本にも登場する臼田さんのボサノヴァ演奏を聴きながら
大使館の方々も初めてゆっくりお話しする機会があり、
カタカナ表記のことでひとしきり盛り上がりました。
同じような印象をお持ちのようでした。

そういえば、臼田さんとはかなり久々の再会だったのです。
2003年の九月から、リオに音楽を勉強しに
ふらふらと半年ほど行っていたことがありまして、
その時に偶然コパカバーナ?でお会いしたことがありました。
臼田さんも覚えていてくださって、とても嬉しかったです。
でも考えてみるともう10年前になっちゃうんですね!!
ひょー。
Img_29048dc3958697d074f1c586b4a1db1f
大使館です。
イベントの間もいろんな方とお話できて楽しかったですが、
打ち上げにも参加させていただき、
版元の彩流社の方々からも、いろんなお話を
お伺いできて充実した時間となりました。

いやー、久々に飲んじゃったナ~。
半ば絡み酒じゃなかったかなと反省。
でも、これからブラジルはサッカーに
オリンピックに、いろいろ待っていますからネ!

ますます注目されることを祈る一日でした!
そして、ブラジルという国だけでなく、
人や文化、言葉の魅力や素晴らしさがもっと日本で
知ってもらえるといいなと思います。
ウィリーさん、本当におめでとうございます!!