ブラジル・ポルトガル語文法 実況中継

『ナラ・レオン 美しき
ボサノヴァのミューズの真実 』
(P‐Vine BOOKs)

『ボサノヴァの真実
その知られざるエピソード』

Coffee & Music
-Drip for Smile-

昨日、無事に帰国しました~。

改めてこのHPの日記を見たら、数回しか更新してなかったですね…。
すんません。
写真もいくつかあるし、面白いエピソード満点な旅でしたので、
落ち着いたら適当にアップできればいいなと思っています。

今回の旅では「買い物王」を発揮してしまい、これから荷物をほどいて、
スーパーで食材の買い出しとかしたら寝る時間になるので、また明日♪

おやすみなさーい。。。
ふにゃふにゃ。
やっとこさ、旅の話でも~。
あー、もう一か月たっちゃったよ~。
レシーフェに着いたのは1月2日。
5日まで滞在しましたが、2日は金曜日。
というわけで、土日を含めて、4日までお休みというところが多く、
オリンダの民芸品屋さんもほとんどがお休み!
いろいろかわいいのが売っているだけにとても残念。
けど、丘の上とか、観光客が多く集まるところだけは営業していたので
お土産が買えて良かった~。
Img2a20090213125422
宿の前。
Img2b20090213125422
宿の入口。
Img2c20090213125422
宿の中庭。
(写真の上をクリックすると拡大します。
 もう一度クリックすると、ウィンドウが閉じます。)
写真は、旅の前半、同行していたヘンタイ気象予報士森さんが撮りました。

宿泊したのはポウザーダといって、ホテルというよりは旅館に近い宿。
ブラジルでは、ちょっと大きめの邸宅というか、一軒家全体が
宿になっている感じで、場所によるけど、15~20部屋位の規模。
木が基調の、温かみのある宿が多いです。
今回泊まったのは、Pousada dos Quatro Cantosという、
オリンダでも一番老舗。
ここのレストランがうまかった~。
朝食もパラダイス♪

さて、そんなわけで、宿の前の通りも、祝日もーどでがらんとしています。
2枚目の写真、奥が宿の入口で、手前がベランダ。
ここで朝食をとりました。
中庭に面しているので、朝ごはんを食べてると、鳥ちゃんたちが
いっぱい来るの。
かわいい~。
そして風が気持ちよし、です。
Img3a20090213125422
オリンダ夕暮れ。
Img3b20090213125422
オリンダ夜景。
さてさて、変わって、オリンダの街並みを。
オリンダは坂の多い街で、小高い丘があります。
街で一番高い丘の上に上ると、こんな景色が!

夕暮れも夜景も、こんな感じでとてもきれい。
左奥に海、そして、北東部最大の都市、レシーフェの
街並みが遠くの方に見えます。
7年ぶりにレシーフェ・オリンダに来たんだけど、
オリンダは世界遺産だから、町並みは変わらないけれど、
レシーフェは高いビルが少し増えた印象。

オリンダは、他の都市に比べて夜もふらふらと
歩けたりするので、その点でものんびり出来ていいよね。
(といっても、もちろん、ブラジルなので、気をつけてはいますが。)
やっぱりオリンダ・レシーフェ、今まで滞在したブラジルの街の中では、
リオの次に好きです。
では、続きはまた次回♪
(不定期で更新予定れすんで、気長に待ってくらさい。。。)
いよいよ、花粉がむずむずして仕方ありません。
マスクなしでは、まったく歩けません。

そして、いよいよ本日です!
J-WAVE 25 「Noites Cariocas -真夏のリオからボア・ノイチ!

現地で仕入れたブラジル最新情報、
そして、私の一か月のブラジル滞在が、この1時間に凝縮されています。
本日、深夜1時から、どうぞチェックをお忘れなく~。
CMなしの60分、どうぞお付き合いくらさい。
Img2a20090215160458
さて、本日久々に、南阿佐ヶ谷駅近くにある、中南米音楽へ行ってきた。
ケペルさん、相変わらずお元気でした!
(あまりに楽しい写真が撮れたので、近々。。。)
ネット販売もありますが、今は直接お店で買うこともできます。
お店に入ると、ずら~っとCDや書籍が並んでいますので、
ケペルさんにいろいろと相談しながらお買い物ができますYo!
では、本日の深夜1時、J-WAVEにて!
本日は、オリンダで食べた物をちょっとご紹介。
Img2a20090217180410
Img2b20090217180410
Img2c20090217180410
まず一枚目は、もともとポルトガル料理のCaldo Verde。
「緑のスープ」ですかね。
コチラにレシピがありました。
じゃがいものスープに、サラミ(ベーコンかと思った)、
キャベツ(でも、ケールだったような…)が入っていて、
ちょっと塩が効いていてとても美味しかった。
というか、日本を出てから高熱続きで、機内食が
まったくというくらい食べられず、はじめてちゃんと
口にした食べ物だった気がする。
全身にエネルギーが回って体が目覚めるおいしされした。

2枚目は、左:Bobo de Camarao(ボボー・ヂ・カマラォン)と
上:Moqueca de Peixie(ムケッカ・ヂ・ペイシ)。
どちらもSalvadorの郷土料理のようです。
そして、どちらもデンデ油を使っているので、
独特のまったりとした味わいがあります。
以上は、宿のQuatro Cantosで食べました。

夜、ふらふらと街をあるいていると、
こんな教会がありました。
この前が、広場になっていて、
食べ物の屋台や、お土産屋さんがありました。
みんな、ビールを飲んで、食べ物をつまんで、
夜までとても賑やか。
Img3a20090217180410
Img3b20090217180410
Img3c20090217180410
オリンダにいた頃は、まだ時差ボケで、
4時半とか5時に目が覚めてしまったので、
そんな時はベランダのハンモックでゆらゆら~しながら、
朝やけを眺めて、鳥ちゃんたちの鳴き声を楽しみました♪
南国の朝やけって、ピンクできれいだよね~。

こちらは、宿の朝ごはん。
ブラジルのホテルでは、パンにハム、チーズ、
コーヒーと牛乳、そしてちょっとした果物が
出るのが一般的。

この宿は、それにさらに、ノルデスチ特有の
ヤシを使ったお菓子のような食べ物などなど、
いろーーーんなのがあって、毎朝楽しみだった。
フルーツも、いろんな種類があって、必ず
2種類は100%のジュースとして置いてあり、
これも、病み上がりには大変ありがたかったれす。

食べているのは、バナナを甘く煮込んでいるもの。
ブラジルでの食事には、スイカとメロンが欠かせない!
ではまた続きは近々。
オリンダ写真、まだまだありまつ。
寒いれす。

ブラジル日記の続きを早くアップしたいんだけど、
寒いから実家に帰ってコタツでごろんしてました。
Img20090225124913
さてさて、本日は西荻窪ポルトガル語@Copo do diaの日!
マスター夫妻のイトーチャン&ともこさんは、
ブラジル帰国後、さらにパワーアップしてます!!
すっかり笑いが絶えません。。。楽しい♪
Img3a20090225124913
Img3b20090225124913
さてこのクラスも久々のお勉強。
まずは、復習コーナー。
ちょっと変わった複数形と、
疑問詞のquantoとqualをお勉強。
そして、動詞の過去形もおさらい。
っていうか、みなさぉん、覚えてますか~??
活用は大切でございます。
次回までに覚えて来てね☆

んでもって、コッポには、只今いろんな種類の
カシャッサがありますよ~。
ショットでグビっといくと、美味しいよ。
ほんじゃまたねー!
Img20090225134300
Img1b20090225134300
Img1c20090225134300
ざざーん!
やっと続きれす。

まずは、オリンダの有名レストラン、
Oficina do sabor
日本語にすると、“味工房”ってところ??
なんと、受付に名前を書いて待っていたら、
2時間以上も待たされました。。。
でも、その甲斐がありまくりの激ウマ。

この真っ赤なジュースは、果物ごろごろ~。
いろーーーんなフルーツの切り身がザクザク。
これまた病み上がりには大変ありがたし。

んでもって、ここの名物ごはんは、
“Jerimum recheado com camarão ao creme de manga”
マンゴークリームで海老をぶち込んで煮込んだ南瓜なのら。
これが、甘ったるいイメージがあるでしょ?
ところが、ご飯とぴったりなさっぱり味なんすよ。
これで二人分とのことですが、一人でも食べられるくらい。
んでもって、2時間も待たされたおかげで、
食事を終えるころには、こんな夕日がばっちり。
テラス席で食べていたので、席からパチリ。
遠くに見える高層ビル群がRecifeです。
Img3a20090225134300
Img3b20090225134300
Img3c20090225134300
このあと、街をうろうろしていたら、
たまたまプチ・カーニバルに遭遇するのですが。
その辺はまた今度。

気になる方は、旅に同行していたヘンタイ気象予報士の
Tempo Bomこと森さんがまとめているので、
コチラのブログをだうぞ。

んで、この3枚は、オリンダの風景。
オリンダは、小高い丘の街。
こんな風に風景を望めます。
小さいおうちは、本当に家になっているところもあれば、
お土産屋さんや、画廊になっているところもあり、
この辺を、一件ずつのんびり回ってみるのも
かなり楽しいです☆

あー、オリンダ、また行きたいなー。
次回はオリンダのお祭り&Recife編れす。

Pelo palhaco que pula,,,
pelo pulo, pelo salto...
Img20090226145726
Img1b20090226145726
Img1c20090226145726
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
もうすぐ3月だっていうのに、寒いよ~!

というわけで、さっそく昨日の続きー。
年始のオリンダらよ。
Oficina do saborでご飯を食べた日曜日、
食後、ふらふらと夕陽を見に丘に上った帰り、
たまたま人ごみに遭遇!
そして、太鼓と管の音が聞こえてきた~♪

なんでも、ちょうど何かの聖人の日とやらで、
プチ・カーニバルの日だったのれす。
オリンダ・レシーフェのカーニバルは
リオとは全然違うので、ずっと体験してみたいなと
思っていただけに、すごくラッキー!!
宿のおばちゃんに聞いたら、本当の
カーニバルはこんなもんじゃないよ!とのことでしたが、
それでも、通りに町中の人が繰り出し、あちこちから
フレーヴォの音と、マラカトゥの音が聞こえてくる。

3枚目の写真は、フレーヴォの隊列の後ろにくっついて
目的地の教会まで歩いてみた。
後ろの方に加わっているのは、普通の観光旅行者や
街の人みたいで、みんなビールを飲みながら踊り、
知ってる曲は大声で一緒に歌う。
シンプルながら、一緒に歩いていると鳥肌もので、
正直、感動して泣きそうになった。
やっぱり、オリンダ大好きら~。
Img2a20090226145726
Img2b20090226145726
Img2c20090226145726
さて、オリンダ・レシーフェ最終日は、平日の月曜日。
いよいよ年末年始のお休みが終わって、街が動き出します。
この日はお昼に次の街サルヴァドールに移動する予定だったので、
午前中だけ、Recifeのセントロ地区に行くことにした。
留学時代もふらりとうろうろしたところなので、
一気にいろいろと思いだしてきて懐かしい。

写真はPatio de Sao Pedro、サンペドロの中庭。
サン・ペドロ教会の前が広場になっていて、
その周りをこんな小さなおうちがぐるっと囲っています。
まだ朝早かったので、開いていませんが、
確かお土産屋さんとかが入っていたような…。
ちなみに、一番左の青い建物がMemorial Luiz Gonzaga。
ルイス・ゴンザーガ記念館。
下の写真を見てネ。

レコードや、彼が使っていたサンフォーナなどが展示されていて、
入口に本が売っていたので、一冊買ってきた。
読まなくちゃ!

教会の礼拝堂を見学して、ちょっと脇道に入ると、
そこは問屋街!
これまた、本当にいろんなものが安く売っていて
楽しいのだよね~♪
Img3a20090226145726
Img3b20090226145726
Img3c20090226145726
あー、こうやって書いていると昨日のことのようだ。
レシーフェへは、デルタ航空が、アトランタから
直行便を出し始めたので、ひょっとしたら、
アトランタで乗り換えるだけで行けると思います。
そしたら、かなり近い!(と言っても遠いけど。)

さて、一番下はサン・ペドロ教会の入り口にいた
ラガルチッシャこととかげさん。
これ、かなりでかい!
宿の中庭にも出没したけど、20センチはあったような…。

Recifeには、Casa da Culturaという元牢獄の
お土産屋さんもあって、そこも楽しいよ。
その辺は、森さんがすっきりとまとめているので、
コチラをご参照くらさい。

では、次はSalvador編れす☆
雪だー!雪だー!!

ヽ(´Д`)ノ(Д`ノ)ヽ( )ノ(ヽ´Д)ヽ(´Д`)ノ

朝の10時過ぎに宅急便の人が、
修理に出したスーツケースを持ってきてくれたときは雨だったのに。
そのあとで都内は雪がザンザカれしたね。
寒いのはすごく苦手なんですけど、ナニゲに
雪が降るくらいの冷え込みになると反対に過ごしやすくないですか??
鳥のオイラは好きでございます。

スーツケースは、車輪がよく壊れるのですけど、
修理が高いのれす。
だけど、スーツケースも、どこに行った時も一緒だと思うと、
ボロくてもなかなか手放せないもんすね~。
というわけで、車輪二個で9000円。。。
もう少々お付き合いいただくことにして、と。
Img2a20090228135536
Img2b20090228135536
そんな寒い中、本日もお集りいただき、ありがとうございます!
鎌倉ポルトガル語@ディモンシュ、一番新しいクラスれす。
まだ空席ありますんで、ご興味のある方はご見学をどうぞ♪

今日は久々のお勉強れしたが、
ナニゲに皆様、よく宿題が出来ていました!
パチパチパチ。
形容詞、所有形容詞、そして色のお勉強をしました。
ここら辺から、本格的に覚えることが出てきますが、
この調子でがんばりませう。

レッスンの最後は、堀内マスターによる新譜紹介!
これまたいろいろ良いのが出てますナ~。
オイラは、バンガラフメンガと、パウラ・トーレルのDVD買った。
Img3a20090228135536
渋谷。
Img3b20090228135536
リオ。
ところで、鎌倉に行く前、渋谷によってきた。
というのも、ずっと気になっていた
トーキョーワンダーサイトでのVik Muniz展
いよいよ今週日曜日(3月1日)までなのれした。

実は、先月リオにいた時に、フラメンゴ海岸にある
MAMで、Vik Munizの展覧会があり、見に行ってきました。
こちらはかなり大きな美術館なので展示数も多く、
見るのにすごく時間がかかったナ~。
MAMは、ガラス張りの建物なので、展示の背後から
リオの街並みと海が見えるのも良く、1月は天気が悪い日が多かったので、
展示を見終わる頃に大雨になって、しばらく1階の吹き抜けでぼーっと
雨があがるのを待っていたのを今思い出した。
渋谷は展示数は少ないながらも、無料で見れます。
それに、作品を作る様子を撮影したフィルムも流れているので、
今週末お時間がある方は是非にどうぞ。
Vikは東京がかなり好きらしいのだけれど、
渋谷で見るVikも確かにまた印象が違って面白い。
そして、今回の展示をまとめたカタログが1500円で
手に入るのもありがたい!