ブラジル・ポルトガル語文法 実況中継

『ナラ・レオン 美しき
ボサノヴァのミューズの真実 』
(P‐Vine BOOKs)

『ボサノヴァの真実
その知られざるエピソード』

Coffee & Music
-Drip for Smile-

Img_c62435b16fcf9852be0ab477eca4cf8367dd6131
なんだかとてもお日柄が良いので?
吉祥寺ユザワヤでお買いもの♪
どーでもいいんですけど、最近
手芸がやりたくて、うずうずして升。

コッポでおいしいマシュマロショコラータと
赤ワインを一杯いただいてから、
いざ、Palco no Aparecidaへ!!

毎月第一日曜日に西荻窪Aparecidaでやっている
オープンマイクイベントだよ。
誰でも参加できますので、おきがるに
ふらりとどうぞ~。

今日も初めての方と常連さんとで盛り上がりました♪
フェイジョアーダとカイピリーニャも美味しかった。
また来月!Ate o mes que veeeeeem!
Img_8f85005efae245d505f4fdbf267ee7e5f954ec10
うわあ!
Img_dfa263cf01dfeb5f190af1ea88667c80fbef6ed4
最近の菊丸です。
まだ4カ月の子猫のはずなんですが、
おっさん化が著しいです。

ただ、なぜか朝だけは子猫。
激しく鳴いてゲージから出してもらうと、
一目散に布団に来て一緒に寝たがります。
鳥のオイラの顔とか肩とか腕とかに顔を載せて、
すぴーすぴーと、気持ち良さそうに寝るので、
その顔を見ていると、こっちも爆睡。。。
ここのところ寝坊続きで反省中~。。。

一方、小町は布団に忍び込んで
毛布の上から相変わらず人の体を
ぷにぷにしまくるので、
強制退場の日々です!(毅然)
今頃10月の頭は、Maria Gaduはイタリアで
テレビに出たりライブしたりしているらしい。

ので、この映像をファンサイトで見つけた時も
最近のかと一瞬思ったら、違う!
なんと、デビュー前の2007年にミラノの路上で
ストリートライブ?をしているマリア・ガドゥです!!
しかも、トリバリスタスの「Velha infancia」と
「Ja sei namorar」を歌ってるよ!

しかしなぜイタリアで路上ライブなんだ!?
ちょっと長い動画だけど、特にVelha infanciaが良いので
マリア・ガドゥがお好きな方は是非に見てネ。
(どっから出てきた動画なんでしょうか!?)

Img_700fff77a6def84426c6f770a5532a3fb87243e1
日原鍾乳洞入口
Img_36ab8470ea163ff68f5fea7283923a1a41427c9f
奥多摩湖!
めちゃくちゃ天気良かったー!
私は二回目の参加。
Aparecida主催のシュラスコ@御嶽なのです。
御嶽って、青梅線なんですけど、
神奈川からかなり遠いんですよぅ~。
ってことで、猫たちは預かってもらって、
一泊で遊んできましたー。
いやー、御嶽は気持ちいいね!
お肉もお酒もおいしくて最高でした。
なぜかブラジル人&日系人率が高く、
かなりポルトガル語が話せて楽しかった。
おかげで気分良すぎて酒がまわり、
宿でバタんきゅ~。

んで、翌日は奥多摩観光へ。
奥多摩初めて!
っていうか、やたらと杉の木が多いのが気になる。
そりゃ、あんだけ杉ばっかり植えたら、
花粉症にもなりますよ、頼みますよ、ぐべるのも~ん。

日原鍾乳洞は、入口付近の渓流も本当にきれい。
写真は、川の水色なんだよー!
すごく透き通ってるんだよー!
中も大きくて楽しかったよー!
奥多摩湖も静かで景色が綺麗でリフレッシュしました!!
ダムってすごいよね。
Img_dae385a28becca8b3c40c6e8a88887694019e09f
気仙沼サンマ!
午前中は大学のテスト。
通信教育科目は、レポートとテストで合格しないと
単位がもらえないのです。
本日は、フランス語のラジオ講座の試験と、
地理学(経済地理学)の試験でした。
いんや~、普段は経済のことなんて全然考えないで
生活してるので(?)、暗記大変だったー!
でも夏休みのスクーリングでもやったところが
テストにでたので、ちょっと助かったかも。。。
(なんて、安心してたら、レポートが不合格で
帰って来てしまったので、書きなおして提出せねば。)
自分なりに頑張った後は、ご褒美です!!
西荻窪Copo do diaに、気仙沼で水揚げしたサンマが
入ってきたー!という情報を聞きつけ、食べに行ってきました。
いんやー、定食美味しかったー。
サンマは毎年いただいていますが本当に美味。
今年はもしかしたら食べられないかなーと思っていので、
特に感謝していただきました。
毎月第三週が堀内船長率いるNavioの放送の日だそうです。
小田原、平塚地域の方はラジオでもお聴きいただけます。

ネットでも追って更新されますので、チェックしてみてください。
マスターのサンパウロ特集すごいですよ~。
サンパウロの新世代のムーブメント、注目です。

鳥のオイラのコーナーは、ナラ・レオン特集です。
残すところ今回を含めて3回!!
(来年1月からはあの人を追いかけてみようと思っています!!)

ということで、コチラをクリックするだけで聴けます。
Navio@Radio Freedomよろしくお願いしまーす。
楽しみにしていたBLUBELLのライブ!!
しかも鎌倉で1500円で見られるとは~。
前半は大洋レコードの伊藤さんと
堀内マスターによるサンパウロの音楽紹介。
ダニ・グルジェル(Dani Gurgel)を中心とした
Novos Compositores(ノーヴォス・コンポジトーレス)という
若手音楽家のムーブメントがあるみたいで、
これはかなり面白そうですね~。
Img_8b474796764c270c6c104849cfcbb83940809043
『agora』
このダニ・グルジェルの『Agora』は、その辺の
作曲家たち(Compositores)がたくさん参加しているので、
かなり参考になりそうな一枚。
鳥のオイラは、この中ではダニ・ブラッキ(Dani Black)が
気になるところ~。
というのも、マリア・ガドゥがMultishowのライブで
ダニ・ブラッキ本人と「Aurora」という曲をデュエットしているのれす。
(Exstraの中では、「So sorriso」も。)


そして、11月末に発売されるマリア・ガドゥの新譜
『Uma Página Do Mesmo Livro』にも2曲ダニの曲が入ってるらしい!
そしてそして、その中の一曲が先行ダウンロード(無料)が始まってます。
詳しくはオフィシャル・ファンクラブサイトでネ。



どうですか~♪
マリア・ガドゥの新譜も楽しみですネ~。

さて、すっかり話がそれましたが、BLUBELLのライブも良かった~。
本人のオリジナル曲も、歌詞もメロディも特徴的で印象的。
それに、ボサノヴァのスタンダードのカバーも、
彼らのシンプルでおしゃれなアレンジで素晴らしかった。
ブラジル音楽って、世代とか関係なく受け継がれていいですね。

ライブの後で、あの「う~しゃらら~」って良い曲だね~、と
本人に話したら、ブラジルのミニ連ドラのテーマソングだったとかで、
ブラジルでもかなり有名みたいです。
証拠VTR見つけました!



ということで、マリア・ガドゥも含めて(!)、
新しい動きには注目みいたいですよ~。
アーティスト同士もつながっているので、これからも面白そう!!
Img_e83d46541ec2be5b42434a18c65408bc69233655
いつ読むの?
去年初めて行ったのですが、お茶の水というか
神保町の消防署の近くに、古書会館っていうのがあって、
いろんな即売会をやってるみたい。
年に一度の洋書市に行ってきたよ~。

今年も、カバンを受け付けに預けて入場。
ブラジルの大学の図書館も、カバンを持って入れないので、
筆記用具とノートとか取りだしてカバンを預けたのを思い出す。

さて、いろんな古本屋さんがいろんなジャンルの本を出店。
哲学思想系などなどはパスして、文学系をごそごそ。
ほんとに100円とかで原書が買えるので嬉しい。
主に、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語ですかね~。
たまにスペイン語が混じっていて、思わずJorge Luis Borgesの
本を買ってしまいましたが、いつ読むのやら。

そのほか、フランス語の本をちらほら購入。
そろそろ卒論のテーマを決めて参考文献を集めないとなんですが、
なかなか定まらないナ~。
黄金町バザールに行ってきた~。
今年は横浜トリエンナーレと連動してるみたい。

黄金町が赤線地帯だったとは聞いたことがありましたが、
まさか結構最近まで売春やらが行われていたとはつゆ知らず。
(詳細は安易ですがウィキペディアでどうぞ。)
アーティストの展示ポイント(?)を探して、
川沿いに近づくと、外観からもやたらと窓がたくさんついた
異様な建物がたくさん。
摘発された現在は、その空き部屋を利用して、
芸術家がアトリエとして利用したり、
作品展示の場にしているとか。
芸術作品を鑑賞しつつも、部屋の狭さに驚きましたー。

そんなこんなで、新しくカフェやアトリエに
生まれ変わりつつある街並みを、作品を鑑賞しながらぶらり。
これからどんなふうになっていくのか気になるところ。

(しかしやっぱり、最大のインパクトはいくつもの建物だったな~。)
Img_ace9f13e1bec0c8eeac9474f7379aeb8eaa88362
夕暮れ
楽しみにしていたモレーノ・ヴェローゾのライブ!
2008年の豊田美術館での弾き語りが印象に残ってました。

今回はさらにパワーアップでしたね~!!
いきなりパンデイロの叩き語りで、
どっぷりバイーア魂を見せつけた後で、
「ありがとうございました~」と、はにかみながら、
日本語でかわいく言うの、ずるいです。

どの曲も素晴らしく求心力があり、
Saigenji氏との共演も、意外な展開で見ごたえたっぷり。
1stも2ndもあっという間に終わってしまった感じがするくらい、
とても素晴らしいshowでした。

鳥のオイラは、3年ぶりに「おさるのナターシャ」が聴けて
感激らよ~(涙)。。。
モレーノって、ほんとに愛に溢れた人ですネ。
歌声の中にも歌詞の中にも。
モレーノって愛のかたまりみたいな人だなー。

いつもブラジルの人には、何かそういう、日々日本で
生活していると忘れそうになる何かを思いださせられる。
はるばる日本まで来てくれてありがとー!!
こころぽかぽか。

(もっと音楽詳細については中原仁さんのブログへ!)
夜遅くに、階段の窓から、
小さな橋の向こうから夫が帰ってくるのを
待って見ていたら、

橋のこっち側にたぬきのシルエットが一つ。
もう一つ影が増えた。

たぬきも橋の向こうを見つめている。
ちょうど夫がとことこ橋の向こうに来る。
夫が橋を渡り始めたら、
たぬきが暗闇に姿を消した。

あれ、たぬきが化けたのかな?
Img_05129f4a0158f050f056f4e2b64b5e48c7002666
Img_a33ff31c5132ee1b88c643fe42c8ca0581ba3341
100円!
読み切れないのに本を買ってしまうのは
病気ですか。

ってことで、開き直って行ってきた!!
年に一度のお楽しみ、神田古本市らよ~。
今日はお天気も良く、人もたくさーん。

もうさぁ、屋台で本を選ぶのって最高らよね。
いろいろお安く楽しい本を購入。
こういう機会じゃないと買わない本ってあるよね。
『世界のミイラ』だよ。

ちなみに、ボーヴォワールの本は、
こんなに味があって、ビニールカバーまで
綺麗に残っているのに、一冊100円だよー。

残念ながらブラジル関連の本は発掘ならず。
また来年!!