ブラジル・ポルトガル語文法 実況中継

『ナラ・レオン 美しき
ボサノヴァのミューズの真実 』
(P‐Vine BOOKs)

『ボサノヴァの真実
その知られざるエピソード』

Coffee & Music
-Drip for Smile-

Img_269d040f1671098737a8a6f65d57b602
会場
Img_e39d31f8df117d6dee9ea499f445ad7f
「生きる喜び」
Img_3239683a0b3bbc710d4a50bb491fc284
ミシェル・テロ!
いやいや〜、行ってきちゃったよ〜。
Dia do Brasil 2013 em Nagoya!!

土曜日がコッポのレッスンだったので、
そのまま行きたいところでしたが、
一回家に帰ってネコたちの世話をしてから
夕方に車で出発〜。
浜松でうなぎ丼を食って、夜についたら土砂降り。
なんとかホテルにたどり着いたので、
10時半過ぎてたし近くのスペインバルで酒です。
マラガ出身のスペイン人二人がやっているお店で、
お酒もタパスも美味しかったです。
お酒とタパスセットが400円で、びっくりずら!!

翌日、大須のStyllu'sへ。
日系の人がやっているお店なのら。
ジーパンを中心にした洋服屋さんが1階にあって、
地下は本や雑貨、日用品が売っています。
ブラジルって、尻の形が大切で、
大きい方がいいんですよ!!
日本と反対なんですね。
なので、ジーパンは日本の型が気に入らなかったり、
そもそも体型的に合わなかったりするそうですよ。
あと女性用の下着なんかもいっぱい売ってました。
これまた、基本的に日本と形が違うから、
多少高くてもブラジルのヤツが良いでしょうね〜。
(日本のはでかい。)

で、Osso Brasilという店先で焼き鳥がぐるぐるしているお店へ。
お店の人がはさみで焼き上がったトリをパツンパツンと切ってたよ。
ハンバーガーとか、いろいろあります。
オラは、遅くにコメダのモーニングをしちゃったので、
アサイ&オレンジジュース。
栄養たっぷりでうまかった〜。

んで、Dia do Brasilの会場は、ステージエリアと
飲食ブースのエリアの二つに分かれていて、ステージでかい。
飲食ブースはフルーツジュースやら、肉やら、酒やら。
おらはシュハスコセットとガラナ♪
かなりブラジル人率が高くて、観察していたら
ブラジルにいる気分になって楽しかった。
子供連れの家族も多くて、ほのぼの良い雰囲気でした。
Img_e63c337d75b54ff4727a7d2c8cd077ef
クリームソーダ!!
夜のミシェル・テロまで時間があったので、
ナニゲに初テレビ塔。
なんで「生きる喜び」って書いてあるの?
上ってみたら、意外に標高?が高くて景色よし。
しばしボー。
名古屋って、街並が奇麗ですよね。
通りも広くて歩きやすいし、けっこう好きです♡

ミシェル・テロのライブも良かった〜!
意外なレパートリーもたくさんありましたが、
何よりお客さんを楽しませようという気持ちが
ひしひしと伝わってきました。
日系の人たちも盛り上がって、ブラジルでライブを
見ているような気がしてきました。
いやー、やっぱしブラジルいいですよ〜。
早くまた行きたいぜよ〜(涙)。。。
そんな日を目指してがむばります。
(と心に誓う18の夏。)
本当はパウラ・リマのライブをはしごする予定でしたが、
夫のTempinhoさんが仕事のため、
おとなしく新東名で帰宅しました!!
(新東名、奇麗だけど直線で眠くなるねぇzzz)
Img_d91ea013db570482ea4480d64418ff4c
そういえば最近はマリア・ガドゥ関連は
Facebookの「Maria Gadú Japão」に書いています。
誰でも見られますので、ぜひに「いいね!」してくださいネ。

2009年のデビュー以来、我らがガドゥ様は
いろんなジャンルの人のアルバムやライブで
ほんとうにいろんな曲をデュエットしてきました。

ただ、それらをインターネット以外で見つけるのは
かなり大変なことだったのですが、
このたび、なんと一枚のアルバムにまとまりました!!
(企画してくれた人、ほんとに快挙!!)

ロックをバリバリ歌ったかと思えば、
オーケストラをバックにセルタネージョを歌ったり。
ガドゥ様の歌唱力を改めて感じました。
それに、ガドゥ様が歌うとどんな曲でも
良く聞こえちゃうんですよね♡

ファンなら必須、そうでない方も、
ブラジル音楽を幅広く楽しめる一枚です。
生徒さんで気になる方は、お声をかけてくださいまし☆
11月初旬にポルトガル語の文法書を出版します!!
(ウソじゃないよ。)

全くの初心者から、途中まで勉強したがある方まで
幅広くお使いいただける内容です。

ポルトガル語の特徴から始まり、
接続法未来形まで網羅しています。
文法と例文だけの文法書ではなく、
普段レッスンをしているつもりで
全ての文法をかたり口調で解説していますので、
気軽に楽しく勉強できると思います。
ブラジルで生活して感動したエピソードなども
ちりばめられています(キラーン☆)!

これからブラジルに滞在することになった、という方も
とりあえずブラジルに一冊持って行けば、
滞在しながら文法を順番に自習できます。

今は仮の情報がwebに出ていますが、
また詳細が出ましたら、改めてお知らせいたします。
どうぞよろしくお願いします!!

↓教室専用ブログにアマゾンのリンクがあります。
 (Click!) 
Img_4fbf4150bb506c1e40870673eb5d318c
ライブ中!
Img_0135f10cdb477dffd7708bbbb7a0f27e
ライブ終了後。
Img_da4523ed11c50b61a980af9f0777f1a3
仕事後のコーヒー。
いや〜、本当に良かったですね〜。。。
ダニ・グルジェルの来日ツアーです。
みなさん、目撃者になりましたか??
やっぱりブラジル人て、ライブが良いんですよね〜。
もちろんアルバムも素晴らしいのは言うまでもないのですが、
ライブはさらにそれを越えてしまうのですよね〜。
ダニたちのライブは、ほんとに生で見なければ…という内容でした。
最初、アルバムを聴いたときはもうちょっとジャズの印象が強かったのですが、
あのリズム感とか、メロディとか、歌とか、
ブラジル人でないと出せない素晴らしい演奏でした。

今回は5日木曜日にダニたちのインタビュー通訳もやらせてもらいました。
(あんまり大きい声では言えませんが)通訳業は久々だったので、
とても緊張しましたが、ダニもお母さんのデボラも、理路整然と話し、
聞き取りやすく、むしろ話の内容にとても感動しました。
(やっぱり頭の良い人たちってすごいな〜。)
ダニは音楽以外にも、写真家としても活躍していますが、
何をやっても成功する人というのはこういう人だろうと思いました。
(しみじみ。)
7日土曜日は東京JAZZの一環で、国際フォーラムでダニたちのライブがありましたね〜。
オープンスペースだったので、普段ブラジル音楽を聴かない人たちが
とても感激している様子が見られました。
(あんなリズム、ブラジルしかないものね…♪うふふ)
その後、堀内マスターのコーヒートークショー?があって、
そこでもダニとデボラのデュオがあり、ちょっとだけ通訳。
今度は人前ということでわたすがテンパってしましました。反省。
これまた素晴らしい演奏でしたね。

とにかく素晴らしいものを見せていただいて、貴重な経験をさせてもらい、
お世話になったみなさん、本当にありがとうございました!!
ダニたちも、また日本に来たいと言っていました。
その日を楽しみにしていましょう!
Img_f5c2aab689ad17f0e08ca0a2ee82dc2d
着いた!
Img_d04eb5f7412e3762ef176520a657349a
相変わらず…
Img_dd48f88b008c86764b6132f362c9ef72
美しい!!
いや〜、仕事をバタバタと片付け、
何とか来ちゃったもんね!!
そーう!!
これは、石垣島の新空港れす。
石垣島はオイラ、中学生以来だから、
なんと20年ぶりだよ…。
(そりゃ、年もとりますねぇ。)

今回は、なんと羽田から直行便で来ました。
あの都会からいきなり畑のど真ん中に
来ちゃう感じ、すごいよ〜!!
是非みなさんもお試しあれ、直行便。

そいで、今回はレンタカーを借りまして、
(運転を夫にまかせ♪、)
まずは島を北へ。
ちなみに飛行機が正午発だったから、
もうこの時点で3時くらい。

んで、20年ぶりに見た川平湾!!
ちょっとちょっと〜、奇麗過ぎじゃないの〜(涙)。
ところでここって、遊泳禁止なんですよね。
今回は乗らなかったけどグラスボートが多いからかと
思っていたら、意外にも流れが速いらしいですよ。
Img_677c9acf2bf2eb33ffc99c0129f10e03
へへへ。
Img_10861441b2c2b055cfd38ea84b33ea2a
玉取崎展望台から
Img_88603bca816e1f7f3d03e606f9ee0d02
最近、関東地方は秋の気配でしたが、
こちらはまだまだ真夏。
33度くらいで湿度も高く、外を歩いていると
フツーに汗が出てきます。
ということで、売店に入り、ブルーシール!!
へへへ。
しかも、ちんすこうとサーターアンダギー、
紅芋のミックスソフトクリーム、そして
黒糖アイスらよ。
ふー、うまかった〜。

もうすっかり夕方なので、
車を西に走らせ、伊原間というところの宿へ。
島の北東が半島みたいになっているのだけれど、
その真ん中というか、北の小さい二つこぶみたいな
半島の付け根にあるところです。
もう、この辺まで来ると、ほんとに
畑と緑と海のコントラストで癒し系ですよ!

なんとまだ明るいので、近くの玉取崎展望台へ。
奥に見えているのが半島です。
あ、ところで、このすごい雨雲の中に、
よく見ると虹が出ているんですよ。
見えるかな??
ほんとに沖縄って、景色の色が奇麗ですよね〜。
Img_b0184d7e3ea28a26843139a645e54045
反薄明光線とか。
Img_a81f19a3d231610ac0ad5519f900335b
こちらが太陽。
んで、まだ日没までもう少しあるので、
そのまま車を北に走らせ、
石垣島の北端まで行ってみることにした。
そしたら、道中、本当に人気がないところを
通って行くので感動。
道路脇にあまり本州ではみないトリちゃんも。
思ったより走って、平久保というところまで来ました。
ここの集落も人が少なそう!
憧れるけど、生活するのは大変なんだろうなぁ、と
勝手に妄想。
ちなみに、ラジオは日本語はほとんど入らず、
わずかにNHKがザーザーの中から聞こえ、それ以外は
何チャンネルも中国語がクリアに響いておりました。
そいで、平久保灯台というのがあり、そこに行ってみた。
断崖絶壁の上で、カップルがいい感じになっています。
わたしらは邪魔をしないように記念撮影して、
灯台をぐるっと回ってみたら、あら、面白い空。
夕日の一枚目はなんと東側の空です。
太陽がないのに、向こうに太陽が沈むみたい。
これは、二枚目の西側の夕日から伸びる光線が、
頭上を通って、東側まで続いているのがこう見えるのだとか。
夫のTempinhoさんも見るのは初めてだとかで感激していました。
でも、南国の空では割と良く見えるらしいっすね(←モヤモヤふう)

すっかり日が沈んだので、明石という集落に向かい、
地元の人と観光客で賑わっている明石食堂へ。
ちなみに、集落の中も車のヘッドライトを上向きにしないと
暗くて何も見えません。
大きい通りも、ほんとに民家が集まっているところじゃないと
街灯がなくて、上向きが普通だった。
ほんとはそんなんでいいんですよね〜。
日本中、そんな心がけだと電力使用量が減るんだろうね〜。
Img_e108d76360ca28179626dd81fcea6af4
ホテルの庭
Img_7ec2601849030b7638cf870b9536ab1b
西表島へ
Img_f39399db5db363dad07d26335b2cd54f
仲間川クルーズ
ホテルの部屋の前が、
何やら森みたいになっていて、
今までの人生で聞いたことが無い
ナゾの生き物が夜通しずっと鳴いてました。
ありゃなんじゃ?
しかも夜明けに近づくにつれて、
部屋の前に近づいて来たらしく、
鶏くらいのボリュームで鳴くから、
ほんと良く寝られなかった〜。。。

そいで、ちと出遅れましたが、
車で市の中心部にある港まで行き、
(そう、石垣は石垣市なのれす!!)
そこから船で西表島へ。
30分くらい乗ったかな。
気持ちよいのでデッキで。
西表も20年前に来た記憶があるので20年ぶり。
まずは、同じ港から出ている船で仲間川クルーズへ。
いやー、マングローブがきれいサ〜。
こんなに浅瀬だったんですね。
なので、かなり上流まで海水が行っているそうです。
そういう特殊な状況?じゃないとこうやって
マングローブが群生しないのだとか。
しかも、マングローブって、一種類のことじゃなくて
いくつかのそういう植物の集まりらしいですね。
よく見ると木の種類も違って面白かったです。

こちらは、クルーズの目的地、日本最大らしい
樹齢400年のサキシマスオウノキ。
いや〜、西表は自然がほんとに豊というか
島のほとんどがちゃんと?開発されずにいるので
いいですね〜。
Img_b5bee7f43ecfa24efba6e0769ea4bbaf
水牛!
Img_db5307b744751f76c68a8e278d3bb608
Img_6c21eb681d00bb2054d4c449bcf16a54
水牛休憩中
船を降りた後は、タクシーで水牛乗り場へ。
そーう!
由布島に行く水牛です。

いやー、この近辺もかにちゃんが歩いていたり、
マングローブが生えていたり、
ほんとに自然が豊か。
水牛はいろんな性格があるらしく、
往きのヤツは、お客さんが乗り終わる前に、
さっさと歩いて5分くらいで渡りきっちゃったよ…
(目安10分。)

ほいで、由布島は植物園になっているのだけれど、
昔は、マラリアを媒介する蚊がいなかったとかで、
人が住んでいたこともあったそうです。
植物園の中に、学校や公民館の跡があります。

植物園から海にも自由に出られるので、
だだっ広い海と近くの島々を見ながらボー。
ほんとに良いところだなぁ〜。

帰りたくなくなってしまいますが、
帰りは3歳の子供水牛の一郎君に乗り西表へ。
普通だったらまだ引っ張れない子供みたいで、
とちゅう、ふぁーふぁーとか言いながら、
なんども立ち止まったり、さぼったり、斜めに行ったりしながら
15分ほどかけてたどり着きました。
帰りは水牛のおじさん?が三線を弾きながら
「安里屋ユンタ」を歌ってくれました。
Img_a7d2edb7022b6ec3ea3f90da2188236e
ルートビア!!
時間があれば竹富に寄りたかったのですが、
夕方になってしまったので、石垣へ。
港近くの市街地をウロウロ。
気になっていた八重山雑貨などを購入し、
A&Wへ!!
そーう!
沖縄でしか飲めないルートビア。
ビアとは名ばかりで、ビールに似せた
ジュースなのれす。
でもナニゲに、生薬みたいなのがいっぱい
入っていて、薬臭いんですよね。
こりゃ、好き嫌いがはっきり分かれそう。
そいで、トリのオイラは、こういう薬臭いの
…大好きなのれす♡
これ、本州でも飲めたらいいのになぁ〜。
Img_9f1841df9136df14f35544390b81d6ef
貸し切り!
Img_b2d33669ffcc572cc043af364ad26c5d
島を見渡す
Img_fd0bddf2e5967f78edda3adba1c22765
なごみの塔!
ハイサイ!

ナニゲに、ビーチの近くに泊まっていたので、
本日の午前中は浜に出てみることに。
宿から浜まで、2、3分ほど森のなかを歩いて
海に抜けて行くのですが、この森にも
いろんなトリがいたり、大きいヤドカリが
歩いていたりで、ゆっくり観察したいところ!

ほいで、浜に出たら、他にほとんど人がおらず、
ほぼ貸し切り状態!!
良さげな浜を見つけてしばし海水浴。
いやー、ほんとに天国さ〜。
海水はほぼ温水という感じで、そのまま
仰向けで水に浮かんで気持ちよかった〜。。。
(今度来る時は毎日入ろう。)

お昼は、石垣島にある「もろみや」さんへ。
南米に25年暮らした女性がご夫婦でやっている食堂で、
ブラジル、アルゼンチンなどのご飯と、沖縄飯が
食べられます。
オイラはパステルとコシーニャ!
石垣空港の近くで、だだっ広い牧地と
飛行機なんかを見ながら食べていると南米みたい。

またまた港に車を止めて、今日は竹富島へ。
なんと石垣島から船で10分です!

20年前に来た時に竹富島に寄ったかどうか
記憶が定かでなく…。恐らく初めてのような。
とにかく、The Boomの島唄のビデオクリップで
憧れていた街並が目の前に広がり感激です!!
Img_c17f03d4e93e5868dad3ca64d0163e84
竹富小学校
Img_b9fac1fc765be1db3d84904d2d84338f
郵便局!
Img_4ab445609c9f97cc728c2142d815faf6
島に高い山が無くて、このなごみの塔から眺めるのが良いらしい。
他にも観光客の方がたくさんいたので、順番待ちして登ります。
それにしても、すんごい急で、ほぼ石の梯子。
なぜ「なごみの塔」というのでしょうか!?
しかし良い景色♪
この街並を保つのは大変なことなんでしょうね〜。

ちなみに観光客は、島を歩く水牛に乗るか、自転車を借りるか。
わてらは自由のきく自転車で島をぐるり。

竹富小学校は校舎がとてもきれいで、
ミンサー模様が!
このミンサーって、八重山諸島に見られるらしいですが、
竹富島が発祥なんだとか。
民芸館があったので行きたかったのですが、
今日はお祭りでお休みだったサ〜(涙)。
御嶽もあんまり入らない方がいいよと言われました。

郵便局の建物にも感激!!
いいよね〜、いいよね〜!

近くのカフェでマンゴージュースと
パッションフルーツのかき氷!!
あー、ブラジルに行きたくなるねぇ〜。
Img_390360bf55e2719c61267a278ca8455b
星砂の浜
Img_ad603b4b41f7abeb1aed4a9655c29870
星砂を探せ☆
大桟橋で海にいる熱帯魚をたくさんみたり、
近くの森でリュウキュウアカショウビンを見たり、
ほんとにこれまた感激の自然。

ほいで、西表島では行けなかったので、
竹富島で星砂の浜へ。
西表の方があるらしいんだけど、
竹富島でも充分ありました!!
こうやって、手のひらにとると、
この中に星砂がいくつも入っています。

ところで炎天下で何時間か自転車を乗り回したら、
お得意の偏頭痛が出ちゃったさ〜。。。
残念だけど、夜はホテルで休養。
Img_56e2b911db34dc37065a382a999f7b34
また来るさ〜!
Img_0ae511ff349ed953c21e435df1ff8380
ゆいレール
Img_b8cfa9fdfd1fed308b1c0a2e9ae15c2a
中身定食
ハイサイ!

あっという間に最終日さ〜(涙)。。。
今日は6時過ぎに朝食をとり、
レンタカーを返して空港へ。
空港の周りはほんとにだだっ広くて
いいよね〜。

そーう、那覇にやって参りました。
いろいろお買い物をして帰る算段。
ゆいレールでおもろまちへ。
ここの駅の周りって、開発されまくってて
高級ショッピングセンターとか高層マンションとか、
あまり沖縄にいる感じがしませんね。

お目当ては2007年にも一人で来たような気がする
沖縄県立博物館・美術館
建物も好きなんですが、博物館の展示が沖縄のことがよくわかるので
夫のTempinhoさんを連れてきたかった次第。
そいで、美術館でも沖縄の画家の展覧会が!
安次嶺 金正 展 -緑の抒情-」です。
色がほんとに沖縄そのもので素晴らしかった!!

美術館のお姉さんに教えてもらった
沖縄飯のチェーン店で中身定食。
味はフツーでしたが、こういう沖縄料理の
チェーン店みたいなのが本州にもあればいいのにね!
Img_44f0ad02ff80b72aaae573ae63e78aaa
Img_8bdbbb994b1bce778497bd8f35e2b122
ぶくぶく茶屋!
Img_80fcf6437628f847626d19362d5e6fa8
Orelhão!!
ほいで、国際通りへ移動。
タカラレコードでコイツが売ってましたよ〜。
これ欲しいですよね〜。

去年の那覇観光は、台風の大雨でゆっくり見られなかったので、
今年は壺屋やちむん通りをゆっくり観光。
いやはや、欲しい器が限り無し。。。

そいで、毎回行っちゃうんだけど、
やちむん通りの奥にあるお茶屋さん!
(小さいお子さん連れは入れないらしいけど)
落ち着いてお茶が飲めます。
今年もぶくぶく茶が飲めて、あたしゃ幸せらよ。
(それも沖縄ぜんざいセットで♡)

Habu Boxで鳥柄ハイサイTシャツを買い、
後ろ髪を引かれる思いで県庁前のゆいレール乗り場へ。
そこになんとブラジルの公衆電話ことOrelhãoが!!
びっくりでありんした。

本州には台風が迫っていましたが、なんと関東はちょうど
雲の隙間で、羽田行きは順調に出発。

ふー、沖縄はまた来るぞ!!
(沖縄とブラジルを行き来する生活はできないものか。)
Img_107f8c298bbdce8d5632ea993b9e5230
そんなんで、今日は台風接近でしたね〜。
夕方から晴れたので、
家を片付けつつ、
ギリギリ日が沈む前に海へ!

富士山がめちゃくちゃ奇麗です☆
Img_f505ecd0fc90c921138f70d2613cdba5
菊丸下半身!
Img_29300c9f03829785c0d85a06c28fcd32
眠い。
Img_1da0064971f9ca593bec759856635d93
手が落ちる。。。
なんだか、最近ブラジルとなんも関係のない
投稿が続いて、そういう情報が見たい方には
ほんとにすみません。
(どうぞスルーしてくらはい。)


…我が家のネコたちです!
へへへ。
すっかりでかくなりました。

2匹ともこの秋で2歳半!
オスの菊丸はドライフード好きで、
どんどん太ってしまいます。。。

小町は反対に栄養の薄い缶詰ばかりで、
しかもリバース活動も活発なので、
なかなか太りません。
子猫サイズです。

新聞紙の上で寝るのが好きなので、
上からもかけてあげました。
Img_20f0cb9dac36e8ac2b59656cd4688cff
Img_cb7dbc1f07311c1d0e6175c2e6dcc25e
涼しくなってくると、布団に入ってきます。

朝起きるとこんなことになっていました。

これからの季節は、起きようとしていると
布団に入ってきて、気がついたら
腕枕をして寝ていた…ということが多いので、
いつも以上に寝坊に気をつけます。。。

海外とか、旅行とか行かない人だったら、
もっとネコをひきとりたーい!!
…ところです。
Img_24a041656482ce4ca5fbca1f8529c24c
Parabéns!!
Img_ae93351269cfe1e5f8f59910f96bd312
すごいポスター!
西荻copo do diaのオリジナルTが完成です!

ちょいと動詞が重なっちゃったんですが、
O que você quer beber?または
O que você deseja beber?で、
「何飲みたい?」という感じです。

下のイラストは、ともこさんが描いたイトーちゃん!
すごい似てる(笑)!!

イトーちゃんの吹き出しは
A vida sem cachaça
é sem graça!
Se não tiver cachaça
me dá pinga!
です。
イトーちゃん&ともこさんの原案に
夫のTempinhoさんがちょっといじり、
ジュリアナ先生とオイラでポルトガル語を作りました。
韻も奇麗でしょ(笑)?

「カシャッサの無い人生は面白くない!
 カシャッサがないなら、ピンガを持ってこい!」という意味で、
カシャッサもピンガも、言い方が違うだけで実は同じなんですよね。
カシャッサって不思議で、ブラジル中に様々な言い方があるようです。
要は、カシャッサはうまい!ということです!!

欲しい方は西荻窪Copo do diaへ!!