ブラジル・ポルトガル語文法 実況中継

『ナラ・レオン 美しき
ボサノヴァのミューズの真実 』
(P‐Vine BOOKs)

『ボサノヴァの真実
その知られざるエピソード』

Coffee & Music
-Drip for Smile-

Img_695f002f08b8d0cd3bcbee3226a776d0
大学が始まるのは日本と同じ4月。
(か、3月の終わりだったか…、覚えていないのだ)
2月の頭にブラジル入りして、少しずつ現地になじもうと思っていましたが、あまりにも暇なので旅行に行くことにしましたー。
近所の「ハプニングツアー」というとんでもない名前の代理店へ。
そこで、サンパウロ1泊、イグアスの滝2泊だか3泊だかのツアーを組んでもらいました。

滝のある街はこんなに田舎〜!!
これどこから撮ったのか全然覚えていません。
多分ホテルじゃないかなぁ〜。
この頃はまだ全然ポルトガル語が聞き取れなくて、この地域の訛りがまったく理解できず、大変な思いをしましたよ。
悔し泣きですよ。

ま、でもなんとかなるもんです。
さ、気を取り直してこれから滝へ出発です!
Vamos, gente!
Img_d549b1075d06a302f5bd70f4c8509fd7
滝…、の前に、三国国境点をおみせしましょ−。
この川を挟んで右がパラグアイ、左がアルゼンチン、そして私が写真を撮っている場所がブラジルです。
一気に3カ国を見渡すことが出来るんです。
島国日本からは考えられませんね。

この写真でも目を凝らすとなんとか見えるのですが、それぞれの国のおっきいポールが建っています。
パラグアイのはちょっと木が刈り取られて芝みたいになってるところにあるんだけど…。
アルゼンチンのも、なんとなく豆粒の青と白のポールが見えませんか??
Img_21780bf814839bb291d641cc1ae37883
ちなみにブラジルの目印はこれ。
うきゃ、まだ日本人だったころの私です★
恥ずかしい…。

そういえば、このときついてくれたガイドに、生まれて初めてプロポーズされました。
「君が空港についたときから、一目惚れだよ。この街で一緒に暮らそうよ」
とかなんとか…。
せめてもうちょっと都会がいいんだけど…。
ラテンの人はすごいねぇ。