ブラジル・ポルトガル語文法 実況中継

『ナラ・レオン 美しき
ボサノヴァのミューズの真実 』
(P‐Vine BOOKs)

『ボサノヴァの真実
その知られざるエピソード』

Coffee & Music
-Drip for Smile-

Img_1505a176f3420ddf6cd4c7d8bd85707e
リオではペドロ・リマに一年間パンデイロを教わっていました。
今ではペドロご夫婦には公私ともにとても仲良くしてもらっています。
ペドロは日本では知られていないけれど、素晴らしいリズムの持ち主。
パンデイロもきちっとしていながらも上品な音を出すので、偶然とはいえ良い先生を見つけられて良かったなと思っています。
ちなみに私の人生の師匠と勝手に崇めております。

で、ペドロに「ペルナンブーコに行くんだ」と言ったら、「じゃあ、向こうでもパーカッションをやってくるといいよ」と紹介されたのがルーアさん。
「月」という名前のニックネームですね。

ルーアさんが住んでいるのは、レシーフェからバスを乗り継ぎ1時間以上行ったところ。
完全に観光客が行くところではない町外れです。
というか、何も無いほんとうに小さな街で、道路も舗装されていませんでした。

ルーアさんは以前は都市で活躍されてたそうです。
でも、娯楽やサッカー場すら無い田舎で若者がどうしても犯罪や麻薬に走りがちなのを少しでも押さえるため、週に一度町の子供達を集めてパーカッションの練習をすることにしたそうです。
Img_124333a1fa3ec5d6df59fe7114ea9abd
全くのマラカトゥ&この地域の音楽を知らない私のために、特別にレッスンをつけてもらうことに。
それが先ほどの写真でした。
いろんな楽器やリズムを教えてもらいました。

そして、基礎を習ったところで、実際に子供達の練習に交ぜてもらうことに。
これがとても楽しかったー!
みんなも限られた楽器の中でとても楽しそうに演奏していました。
Img_11ba4fca1b8756eb231a150f00b10739
どうでもいいですが、私、この楽器苦手なんですよ。。。
運動神経を必要とされる楽器になると全くダメになります。。。
気がつくとみんなと反対になっている。。。